会社設立を石川県で代行!(金沢市を中心に石川県全域対応)

信用面

取引先に対する信用度がアップします。

また、金融機関からの融資が若干受けやすくなります。「法人化してもらえれば融資をしやすい」と、金融機関の担当者から説明されたことがありませんか?

ただし、昔は、設立の際の資本金が、有限で300万、株式で1000万でした。資本金があまりにも低額だと、個人事業主と同じ扱いをされるかもしれません。

税制面

法人のほうが税率で有利

個人事業主と比較すると税制面で有利な場合が多いです。利益が多くなればなるほど、法人のほうが有利です。

また法人の場合は、社長の報酬を経費とすることができます。個人事業では、経費として認められません。

しかし、法人化した場合は、利益を計上できい場合でも、法人税7万円を納める必要があります。

もしものとき

個人事業では無限責任です。

大口取引先の倒産など予期せぬことは、事業経営上発生することもあります。その煽りをうけて自社も倒産。そんなとき、個人事業では大変なことになります。

無限責任とは、事業と関係の無い財産までも債務の返済にあてなければなりません。

法人の場合は、有限責任です。出資の範囲だけで責任を負うことになります。ただし、金融機関からの融資の際に、担保をつけたり、保証人になったときなどは、この限りではありません。

社会保険

法人化すると社会保険に加入することができます。一般に厚生年金保険のほうが、国民年金保険より受け取れる年金が高額です。

しかし会社として、従業員の保険料の半額を負担する義務があります。年金制度が破綻しなければの話ですが。

会社設立のデメリット

メリットがあれば、デメリットも勿論あります。

株式会社の取締役、監査役には任期があります。その任期がくると、法務局に役員の変更届を提出しなければなりません。

また、決算期がくると決算内容を官報等で公告する必要があります。いずれも費用がかかります。

コピーライト(c)2006会社設立行政書士山口事務所

トップ会社設立TOP>会社設立メリット