建設業許可申請を石川県で代行!

経営業務の管理責任者

経営業務の管理責任者とは、建設業を行っていくうえで、営業取引上責任を有する者で、建設業分野の経営について総合的に管理、執行する者のことをさし、下記の要件を満たすものがなれます。

  • 申請する建設業許可業種に関し、法人役員、個人事業主としての経営経験を5年以上有する者
  • 申請する建設業許可業種以外の業種に関し、法人役員、個人事業主としての経営経験を5年以上有する者
  • 申請する建設業許可業種に関し、法人役員又は個人事業主に準ずる地位にあって、経営補佐経験を7年以上有する者

石川県では3番目のものは、例外的に認められます。また役員経験については、都道府県によって非常勤役員の経験でも認められるところがあります。

専任技術者

専任技術者とは、建設工事の請負契約の適正な締結やその履行を確保するために置かれる者をさします。なお専任技術者は営業所に常勤し、専らその職務につくことが求められ、 下記のいづれかに該当するものが専任技術者になれます。(一般建設業の場合)

  • 申請する建設業許可業種に関連する学科を修めたあと、申請業種で大卒で3年、高卒で5年以上の実務経験を有するもの
  • 学歴の有無を問わず、申請する建設業許可業種について10年以上の実務経験を有するもの
  • 申請する建設業許可業種に関し法定の免許資格を有するもの(この免許資格等には1年以上の実務経験が必要な場合もあります)

1番目の条件は、学校、専門学校等によっては認められない場合があります。2番目の条件は、ひとつの建設業許可業種で10年です。

なお、お持ちの免許資格で申請できる業種が決まります。

主任技術者と監理技術者

建設業許可の要件には関係の無い用語ですが、似たような言葉がありますので説明しておきます。

  • 主任技術者
    建設業許可を持っている業者が建設工事を施工する場合に、元請、下請、請負金額に関係なく工事現場に配置する必要がある人。
  • 監理技術者
    発注者から直接請負った建設工事を施工するために締結した下請契約の総合計が3000万円以上となる場合に工事現場に配置する必要がある人。

コピーライト(c)2006会社設立行政書士山口事務所

HOME建設業許可>経営業務の管理責任者