建設業許可申請を石川県(金沢市を中心に)で代行!

財産的基礎

建設業許可要件の財産的基礎とは、請負契約を履行するだけの財産があるかどうかです。

申請者が次のいづれかに該当すれば財産的基礎(一般建設業の場合)が認められます。

誠実性

請負契約に関し、不正又は不誠実な行為をすることが明らかなものは、建設業許可をうけることができません。

不正又は不誠実な行為とは、下記のようなものがあてはまります。

具体例

建築士法その他関係法令に違反したことにより、免許等の取り消し処分を受けて5年を経過しないとき。

法人の役員、個人事業主等が暴力団の構成員である場合。

欠格要件の一部

申請者が建設業者としての適格性を持たないと認められる場合建設業許可を取得できません。

これは欠格要件の一部にすぎないので個別事案によって検討する必要があります。

コピーライト(c)2006行政書士山口事務所

HOME建設業許可>財産的基礎と誠実性