相続手続きに必要な遺産分割協議書の作成代行!

遺産分割協議書とは

ある人がなくなり、遺言書が存在しない場合、相続人全員が参加し、どの相続人がどの相続財産を取得するのか協議をする必要があります。

この遺産分割協議に相続人全員が合意した場合、その内容を書面にし、全員が実印を押印します。この遺産分割協議書を根拠に、 土地、建物等の不動産の名義を変更することができます。

遺産分割の種類

現物分割

まず考えられるものが現物分割です。不動産はA、預金はB、株券はCといった具合に、それぞれの相続財産を個別に分割します。

それぞれが貰う財産の価値が全く同じになることはありませんので、この分割方法は、相続人が多いときや、相続人間に争いがある場合には、不都合です。

換価分割

遺産が現金、預金の場合は、均等に分割することは可能ですが、遺産が建物のみの場合は、一階に長男家族、二階に次男家族が暮らすということはまずないと思います。また、長男も次男も既に持ち家があり、住居が不要な場合 もあります。

このような場合に、唯一の遺産である建物を売却し、そのお金を相続人で分割する方法を換価分割といいます。

換価分割は、遺産を売却した後に、お金を分割するので、要点を抑えた遺産分割協議書を作成しておかないと、贈与税が課せられる恐れがあります。また不動産を譲渡したことにより、所得が発生すれば、その譲渡所得に対して 税金が課せられます。

代償分割

遺産が事業用の店舗のみだった場合、後を継いだ長男は、どうしてもその店舗が必要なので相続したい。しかし、そうすると他の相続人は何も貰えなくなり公平ではありません。

代償分割はこのような場合に、長男は店舗を相続し、その代わりに他の相続人に対して長男が現金を支払うという方法です。

ただ、この方法は相続する人が、代償する分の現金を持っていることが必要ですので、なかなか使用できない分割の種類でもあります。

コピーライト(c)2006行政書士山口事務所

HOME>相続>遺産分割協議書