相続手続きを石川県で代行!

相続について

相続とは、亡くなった方(被相続人)の財産や権利を引き継ぐことを意味します。財産には、負債も含まれます。

相続手続きというものが、預金、株券等の手続きのみと考えているが多くいます。しかし、それだけでは完了していません。

不動産の名義変更も必要!

不動産に関する相続手続きをしなくても、相続人の間で争いが無ければ、今までどおりその家で生活することは、可能でしょう。 しかし、長い目で見ると、このまま相続手続きをしないまま放っておくと、相続人が増加し、この不動産に関する権利を主張できる 人間が増加します。なかには、全く知らない人もいれば、連絡が途絶える人もでるでしょう。当然相続人が増加すれば、もめる割合も増加します。

手続きはお早めに!

こうなってしまうと大変です。すぐに手続きを完了した場合に比べ、はるかに費用が発生します。また費用のみならず、時間も割かれますし、 精神面も疲れるでしょう。節目節目で手続きをすることをお勧めします。

相続手続き

相続の手続きを開始する場合に、まず誰が相続人となる権利を有するのか確定するために、戸籍謄本等を取得します。戸籍謄本には、聞きなれないと思いますが、除籍謄本、原戸籍謄本 というものもあります。

相続を経験するのは、生涯に多くても2回だと思いますので、知らなくて当然なんですが、手続きには必要なものです。人によっては、必要な戸籍謄本等が何通もあります。また戸籍を何度も変更している方は、 戸籍地の各役所で、謄本を取得する必要があります。

相続手続きは面倒!

戸籍謄本等を取得するのも面倒ですが、読んで理解するのも大変です。昔の戸籍は字が汚いので、見慣れてない人には読めないと思います。

ご相談お問合せ

日中働いていて時間がとれない、面倒なことはお任せしたいという方は、一度お問合せください。

コピーライト(c)2006行政書士山口事務所

HOME>相続